ウィーンとオーストリア・ファンのためのポータルサイト

GrazerOper

オペレッタ・コーナーへ戻る

グラーツ歌劇場(Grazer Oper)

オーストリア第二の都市、グラーツは比較的規模が小さい街ですが、文化関係の施設が充実しているのが特徴です。各種の劇場がありますが、ここでは、オペレッタも上演される歌劇場をご紹介しましょう。

グラーツ歌劇場

グラーツ歌劇場とは

グラーツ市内にある歌劇場は、オペラを中心に上演する劇場ですが、現在でもシーズン中に1演目はオペレッタが加わっています(2011/2012シーズンはオスカー・シュトラウスの「ワルツの夢」が上演されます)。オペラ、オペレッタの他にもやバレエ、ミュージカルなども上演されています。

グラーツ市は人口25万人強で、人口だけで「日本の都市」と比較すると、山形県山形市とほぼ同じです。しかし、グラーツ歌劇場は、ウィーンなどと同じく、座付きのオーケストラや合唱団、バレエ団を抱える本格的な歌劇場で、1899年にオープンした、歴史ある劇場です。

現在、同歌劇場では、日本人の方も活躍しています。なお、合唱団に所属していた「うささんの日記」(現在は退団されてしまいました)をご覧になると、グラーツ歌劇場の公演を観てみたくなります。

アクセス

劇場は市の中心部(住所はカイザー・ヨーゼフ・プラッツ10、Kaiser Josef Platz 10)にありますので、市内にホテルをとっていれば、歩いて行くことができます。
また、グラーツ歌劇場が主催していますが、バレエや子ども向けオペラなどは、別会場のStudiobühne Wilder Mannで行われることがあります。プログラムに会場名が記載されているので、確認するようにしましょう。
また、市内には路面電車も走っていますので、中央駅周辺にホテルをとっている方は、路面電車を利用すると便利です。

  • 路面電車:1系統と7系統のKaiser-Josef Platz/Operが最寄りの停留所となります。
  • タクシー:劇場近くにタクシー乗り場があります。グラーツは比較的小さな都市なので、公演終了後、タクシーでホテルまでお帰りになっても、運賃はあまりかかりません。