ウィーンとオーストリア・ファンのためのポータルサイト

国立歌劇場1617

2016/17公演プログラムへ戻る

ウィーン国立歌劇場2016/17シーズンのプログラム

2016年4月6日に同劇場から発表された資料をもとにまとめてあります。オペラに関しては、日本で一般的に普及している「日本語の作品名」も併記しましたので、ご参考にどうぞ。

また、既に発表されているように2016年10月から11月に掛けて4年ぶりの来日公演が予定されています。

オペラのプレミア(新演出)は、以下の5公演予定されています。

  • Christoph Willibald Gluck作曲「ARMIDE(アルミード)」(2016年10月16日プレミア)
  • Giuseppe Verdi作曲「FALSTAFF(ファルスタッフ)」(2016年12月4日プレミア)
  • Giuseppe Verdi作曲「IL TROVATORE(イル・トロヴァトーレ)」(2017年2月5日プレミア)
  • Richard Wagner作曲「PARSIFAL(パルジファル)」(2017年3月30日プレミア)
  • Claude Debussy作曲「PELLÉAS ET MÉLISANDE(ペレアスとメリザンド)」(2017年6月18日プレミア)

なお、劇場側の都合により、プログラムが変更される場合もありますので、チケットをお買い求めの際には、同劇場のホームページ(または、チケットを購入される際に使用するCulturall.comのホームページ)で、ご確認をお願いします。
また、出演者などの詳細は、ウィーン国立歌劇場の公式ホームページをご覧ください。

2016/17シーズンの月別プログラム

クリックすると月別のページへジャンプします。

公演プログラムへ戻る

a:1673 t:1 y:0